患者様・ご家族の方へ 整形外科

担当整形外科医
  • 瀬良 敬祐
  • 安達 耕一
  • 鈴木 暢彦

  • 森 愛
  • 岩﨑 俊介
  • 梶山 史郎(非常勤)
  • 津田 圭一(非常勤)
  • 神﨑 貴仁(非常勤)

当院整形外科の特徴

  1. 救急指定病院のため外傷が多い。
    (高齢者の大腿骨近位部骨折は直近3年間505例)
    四肢・関節外科、脊椎外科、手の外科等、幅広く整形外科疾患に対応可能である。
  2. 各種骨折に対してAO法に基づいた世界標準の治療を行っている。
  3. 脊椎外科においては、H20年以降手術用顕微鏡を導入し、瀬良院長が赴任して手術件数がさらに増加している。
    (平成29年脊椎手術201例)
  4. 当院にはクラス100の無菌室(バイオクリーンルーム)がある。

整形外科方針

各種骨折に対する世界標準の骨折治療及び低侵襲脊椎手術を主とした、最新の医療を地域に提供する。
無菌室もあり、股関節・膝関節の人工関節置換術を行っていく。
また、回復期リハビリテーション病棟(H15.8.1 開設)を備え、各種福祉施設との連携を強化し、包括的な医療で地域に貢献する。

当院の手術例

術前 術後
変形性股関節症に対する人工股関節置換術 人工股関節置換術前 人工股関節置換術後
大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術 人工骨頭挿入術前 人工骨頭挿入術後
変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術 人工膝関節置換術前 人工膝関節置換術後

ページの先頭へ